犬の鳴き声について

09, Mar 2019 by in 生活     No Comments

鳴き声には、様々な意味があります。
ここでは、鳴き声についてお話させていただき、少しでも愛犬について理解できればと思います。

高いトーンで大きく短い「ワン」は嬉しいときです。
飼い主が帰宅したときなど、また、散歩中に友達の犬に出会ったときなどに大きく短く「ワン」と鳴くのは、嬉しいからです。
表情を見ると、笑顔のように口元を緩ませているようにも見えます。

また、リズムよく連続で「ワンワン」と鳴くのは楽しいときです。
散歩しているときなど、弾むように吠えるのは楽しい気持ちの表れで、嬉しそうに目を輝かせ、機嫌よく左右に尻尾を振ります。

逆に低いトーンで短く「ワン」と鳴くのは、何かしらやめてほしいときの声です。
耳をピンと立てて、体全体を緊張させながら、人や犬などに向けて「やめて!」と制止の意味で吠える声です。

数回連続して「ワンワンワン」と吠えるのは警戒していることを意味します。
来客を知らせるチャイムが鳴ったときなどによく見られる、野太く連続して吠える声です。
犬が危険を察知して、ピンと耳を立てて周囲を警戒している様子が見られます。

このように犬の鳴き声には意味があり、まだまだご紹介できていない鳴き声があります。
人間の言葉が話せない分、このような表現方法で私たちに訴えかけているのです。

愛犬にプレゼントしたいものでお悩みの方はコチラのURLからどうぞ!
https://sugarskullsweets.com