コックピット感覚

19, Mar 2018 by user353 in その他     No Comments

再び、ホンダ CR - Z のことについて書いていきます。 CR - Z のインテリアですが、これはこのクルマのキャラクターをよく表現しているということができます。

コックピットは、ドライバを中心に構成された。コックピット感覚ということができます。それがデザインということです。ですが決して男っぽいだけの仕上げにはなってはいません。ソフトがウレタンを使ったうえ、上質感のあるインパネや、本物の金属を使った光輝の高いとはドアグリップを使うなど、喜びを感じさせる演出も本当にすばらし巧みだと感じさせます。デジタルのスピードとアナログのタコで立体的に構成された3D メータ―など、未来的なギミックも魅力的なら、上級グレードにオプション設定されてる本皮インテリアは、大人の愛車をの雰囲気も味わうということができるようです。使い勝手は一切手抜きがないという感じです。空調の風を導入できるグローブボックスをはじめとするポケットは、充実していますし、ラゲッジルームには、後席使用状態でも大型スーツケースが積載できます。車無料査定